Amazon Pay(アマゾンペイ)

代引き&送料無料!

単相と三相

TOP 単相と三相

【単相と三相のご説明】

単相と三相

単相と三相ではコンセントの差込口の形が違ってきます。合わないタイプの相を購入すると使えなくなってしまうので、ご購入の際は十分にお確かめ下さい。
三相交流は、主に業務用の電力として使用されていますが、一般家庭でも、大型エアコンの室外機の電源として使用される場合があります。

【相と電圧(V)の関係について】

現在、日本では100Vの単相、200Vの単相、200Vの三相がありますが、
水中ポンプは基本的に単相なら100V、三相なら200Vになります。

一部、例外もある可能性もありますので、
どうしても確かめておきたい場合はお手数ですがメーカーにお尋ね下さい。

【電圧(V)と相について】

単相と三相

電力(W) = 消費される電気エネルギー(この値が大きいほど電力を多く消費します)
電圧(V) = 電気を押し出す力
電流(A) = 電気の流れる量

消費電力が1,000Wのヒーターをご家庭で使用する場合、日本のご家庭の電圧は通常100Vの為、流れる電流は1,000(W)÷100(V) = 10(A)となります。
(あくまで目安です。実際には力率等、別の要素も加わるので異なってきます。)

TOP 単相と三相

上に戻る